闇金業者の金利の計算方法

闇金業者の金利、利子の計算方法

闇金業者の金利、利子の計算方法

ソフト闇金業者のホームページを見ると10日で3割で貸します!10日で5割で貸します!といったことが書かれています。

 

闇金業者の中には詳しい金利を書いていなくて、お金を借りる時に「10日に元金に5万円合して返してね」といってくる場合も!

 

闇金業者の利子は法外なのが分かりますが、計算方法がいまいち分からず、どのくらい高いか分からないまま借りてしまうことがありませんか?

 

ここでは闇金業者から借り入れする時に必ず知っておきたい金利の計算方法と、闇金業者に返し続けるとの闇金に強い弁護士に解決を依頼するのと、どちらがいいのか調べました。

 

闇金業者の主な金利の種類は4種類

 

闇金業者が設定している金利の種類は主に4つあります。

 

闇金業者の金利の種類

 

トイチ 10日で1割
トサン 10日で3割
トゴ 10日で5割
言い値 10日以内に返済しなければいけない金額を言ってくる

 

調べるとたくさんの金利がありますが、多くの闇金業者が4種類のいずれかの金利でお金を貸していることが多いです。

 

闇金の金利を計算する時は1割=10%=0.1

 

金利を計算する時に必要な知識が1つあります。

 

それは1割は0.1にして計算するということです。

 

1割というのは%(パーセント)に直すと10%になります。

 

1割は10%、3割は30%、5割は50%ということですね。

 

そして、%(パーセント)を小数点が入っている数字に直すと10%は0.1、30%は0.3、50%は0.5になります。

 

10% 0.1
30% 0.3
50% 0.5

 

なんで50%が05になるは話すと数学の話になってしまうので、ここでは省きますが、金利の計算をする時は%(パーセント)の数字はこのように変えるということをだけ覚えといてください。

 

年利

 

トイチ 365% 3.65
トニ 730% 7.3
トサン 1095% 10.95
トヨン 1460% 14.6
トゴ 1825% 18.28

闇金の利子の計算方法

 

ここから金利の計算方法を紹介していきます。

 

借りた金額に対していくらの利子が発生するのかは複数の計算式を使って計算すれば分かります。

 

計算方法

1・元金×年利=1年間の利子
2・1年間の利子÷365日=1日の利子
3・1日の利子×借り入れをしている日数で発生した金利
4・元金+借り入れをしている日数で発生した金利=返済する金額

 

闇金業者から10万円を10日間トゴで借りた場合の金利と合計返済金額はこのようになります。

 

10万円をトゴで借りた場合の返済金額

 

  • 10万円×18.25=1,828,000
  • 1,828,000÷365=5,0008(金利)
  • 5,008×10=50,080
  • 10万円+50,080=1150,080円(返済金額)

 

トゴの闇金業者から借り入れをした場合、10日後の返済金額は150,080円になります!

 

では、プロミスから10万円を借り入れした場合の返済金額はいくらになるのでしょうか?

 

プロミスの公式サイトを見ると借り入れ金額に対して1ヶ月単位で返済する金額のシミュレーションができるので調べてみました。

 

プロミスから10万円を1ヶ月借りた場合の返済金額

※プロミスの年利は17.8%

 

借り入れ金額10万円、返済期間1ヶ月、年利17.8%
総返済金額・・・101,463円

 

闇金業者から10万円をトゴで借りた場合、10日後の返済金額は150,080円。
プロミスから10万円を17.8%で借りて、1ヶ月後の返済で101,463円の返済。

 

闇金業者とプロミスの返済金額の差は48,617円もの差が生まれるんです!

 

この数字を見ると闇金業者の金利の高さが分かりますね。

 

闇金業者やソフト闇金はブラックでも借りることができ、お金がどうしても必要な時には助かる存在かもしれませんが、一度借り入れをしてしまうと、借り入れをする前よりお金が厳しくなってしまう状況が見えてきます。

 

闇金業者へ返済するために他の闇金業者から借り入れをして返済するという流れがなんとなく見えてきます。

闇金問題を解決するために弁護士に支払う金額は高いのか?

 

ここで気になるのが闇金問題を解決するために支払う弁護士費用は高いのかどうかということです。

 

弁護士に依頼するとなると高額な金額が必要ですが、闇金問題を弁護士に相談することに関しては4万円~5万円の依頼料金で闇金問題を解決することができます。

 

闇金問題に対する弁護士費用は想像しているより安いと感じませんか?

 

依頼料金が5万円というのはトゴの闇金から10万円を10日間借りた場合に発生する金利金額です。

 

トサンやトイチの業者ならもっとトゴの闇金より安い金利になります。

 

しかし、借りた金額を1ヶ月以内ならまだしも10日以内に返済するとなると難しいことありませんか?

 

闇金業者も1回や2回くらいの返済であれば伸ばしてくれるかもしれませんが、返済期間を伸ばしてしまうと返済金額も上がってしまい、金利だけで5万円以上になってしまうことがほとんど。

 

闇金問題に強い弁護士に闇金問題の解決を依頼すれば約5万円で闇金問題は解決できますが、闇金業者へ返済を続けると5万円以上のお金が必要になってしまうんです。

 

給料日になるたびに闇金業者へ何回も返済するのをやめて弁護士に1回だけ解決を頼んで問題を解決しませんか?

法律で決まっている金利と貸金業法の決まり

 

法律で決まっている金利は20%と決められていますが、他にも金利とは別にお金を貸す業者が守らないといけない法律があるんです。

 

それは貸金業法(かしきんぎょうほう)というもので貸金業法には3つの決まりがあります。

 

その中の決まりの1つに年利は20%が上限という決まりがあるんです。

 

貸金業法の3つのルール
総量規制 借り入れ金額が年収の3分の1を超える場合は新規の借り入れができない。
上限金利の引き下げ 年利上限29.2%から年利上限20%に引き下げ
貸金業者に対する規制の強化 貸金を営業する事務所に(貸金業務取扱主任者)を置くことが必要になる

参考ー貸金業法のキホン、金融庁

 

お金を貸す業者は年利20%を上限とするだけでなく、お金を貸す人の3分の1を超えるお金を貸すことができませんし、貸金業を営業する場合は営業する都道府県に届け出を出して貸金業務取扱主任者という責任者を置くことが決められているんです。

 

借り入れをする私達にとって大きく関係するのは年利の部分ですね。

 

闇金業者は年利だけでなく貸金業法の決まり事体守っていないのでどれだけ悪質かがなんとなくわかってきます。

 

利子や金利が少しでもおかしいと思ったら専門家に相談

 

金利や利子を計算するには%(パーセント)を数字に直したり、複数の計算式を使わないと分からなかったリしますので、お金を借りる時も金利については深く考えずに借りることが多いですよね。

 

利子や金利は貸金業者にとって直接的に利益になる部分ですので、悪質や貸金業者の場合は金利を分かりにくくしたり、わざと金利を公表していない場合もあります。

 

闇金業者だけでなく、法律を守って営業しているはずのカードローン会社からの借金でも分かりにくい金利のせいで多めに返済してしまっている方もいるんです。

 

CMで見る過払い金がそうです。

 

金利は分かりにくいですが、返済する時に一番大切なことなので借りる時はしっかり金利を確認してください!

 

闇金問題だけでなくて、カードローンや銀行系の借金の場合でも返済している最中に違和感を感じたりなかなか返済が終わらないと感じたら弁護士に相談してみてることが大切です。

 

 

 

消費者金融、銀行、カードローンの借金問題はこちらで相談できます!

 

10秒でカンタン申し込み!今すぐ無料相談予約ができる弁護士はココ!

メール1通でカンタンに相談申し込みができる弁護士は「弁護士法人イストワール法律事務所


弁護士法人イストワール法律事務所

  • メールで簡単に相談申し込み
  • 本人確認書類不要
  • 24時間受付
  • メンドクサイ手続き一切不要
運転免許証といった本人確認書類は一切不要、事務所へ行くのも不要。

イストワール法律事務所なら電話一本で闇金問題の悩みを相談することができます。

全国から相談受付、もちろん、闇金問題も全国対応

闇金問題の悩みを電話で相談することができます。

借り入れしているのが闇金かもしれない、という悩みから闇金問題を解決したい!という悩みまで対応!

闇金問題に対する悩みに多田弁護士は優しく丁寧に答えてくれます。

もちろん相談費用は無料

小さな悩みでも構いません、一度相談してみてください。

闇金問題から解放されるはずです!


弁護士法人イストワール法律事務所

page top